アプリケーション > ユーザー定義

パスを指定して、アップロード設定が行われた特定のアプリケーションで発生するユーザー定義ログを確認できます。 フィルターを登録すると、ログ全体にあるログに基づいて検出し、ダッシュボードとフィルター検出にさらされます。

1. アプリケーション ユーザー定義項目の選択

  • 管理 > 使用 > アプリケーション ユーザー定義設定により、アイテムが露出します。

2. 日付整列

  • 作成日を基準に最新順と過去順に並べ替えることができます。

  • 基本方向の並び替えは、最新順で最後の生成されたログが表示されます。

3. 1ページで表示されるログライン数

  • 1ページあたりの見えるログの数を設定でき、基本20で100ラインまで選択できます。

4. 日付/時間選択

  • デフォルトは今日の発生ログで、時間設定で特定のログを検索できます。

  • 期間を拡大して、過去 1 週間または 1 か月を選択できます。

5. グループ選択

  • ユーザーが登録したグループを選択して確認できます。

6. オペレーティングシステムの選択

  • 収集されたログをオペレーティング システムベースで分類できます。

7. ホスト名選択

  • ホスト名を選択して確認できます。

8. ホスト選択

  • 特定のホストを選択して、そのログのみを確認できます。

9. ログ詳細

  • ログをクリックすると、それぞれのログに含まれている詳細を確認できます。

10. 対数原本の内容

  • [ログの詳細] ボタンをクリックすると、発生したユーザー定義のログの詳細を確認できます。

内部ブログ

Log Collector > Custom Application

https://docs.plura.io/ja/faq/common/uploadapp

Last updated