PostgreSQL

CentOS

1. postgresql.conf 修整

> 辞書Syslogのインストールが必要
> Config 位置確認

[config 経路例] /var/lib/pgsql/9.6/data/postgresql.conf
[修正例] # ERROR REPORTING AND LOGGING 下段から修正
log_destination = ‘stderr’ ラインを注釈処理
log_destination = ‘syslog’ ライン追加

# These are relevant when logging to syslog: 下段の次の4ライン注釈解除
#syslog_facility = ‘LOCAL0’
#syslog_ident = ‘postgres’
#syslog_sequence_numbers = on
#syslog_split_messages = on

2. PostgreSQLおよびSyslog再起動

  • バージョンによってサービス名が異なりますので、バージョンの確認

psql –version
[バージョン出力例] psql (PostgreSQL) 9.6.15
[サービス名確認パス例] /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/postgresql-9.6.service
[上記の例で確認されたバージョンによる再起動例] service postgresql-9.6 restart
service rsyslog restart

3.ログ確認

  • ログ例 : 全体ログ > ホスト

https://docs.plura.io/ja/function/common/filter/syslog


Ubuntu

4. postgresql.conf 修整

> 辞書Syslogのインストールが必要
> Config 位置確認

 [config 経路例] /var/lib/pgsql/9.6/data/postgresql.conf
 [修正例] # ERROR REPORTING AND LOGGING 下段から修正
 log_destination = ‘stderr’ ラインを注釈処理
 log_destination = ‘syslog’ ライン追加

 # These are relevant when logging to syslog: 下段の次の4ライン注釈解除
 #syslog_facility = ‘LOCAL0’
 #syslog_ident = ‘postgres’
 #syslog_sequence_numbers = on
 #syslog_split_messages = on

5. PostgreSQLおよびSyslog再起動

systemctl restart postgresql
service rsyslog restart

6. ログ確認

  • ログ例 : 全体ログ > ホスト

https://docs.plura.io/ja/function/common/filter/syslog

Last updated