アプリケーション > 原本

非定型データであるアプリケーション ログを収集して、異常兆候を検出できます。

サーバーに接続せずにパス入力で希望するログ収集を提供

多様なフィルターでリアルタイム探知を提供

1. 日付整列

  • 作成日を基準に最新順と過去順に並べ替えることができます。

  • デフォルトのソートには、最新の順に最後に作成されたログが表示されます。

2. 1ページで表示されるログライン数

  • 1ページあたりのログ数を設定でき、基本20~100ラインまで選択提供

3. 日付/時間選択

  • デフォルトは今日の発生ログで、時間設定で特定のログを検索できます。

  • 期間を拡大して、過去 1 週間または 1 か月を選択できます。

4. グループ選択

  • ユーザーが登録したグループを選択して確認できます。

5. オペレーティングシステムの選択

  • 収集されたログをオペレーティング システムベースで分類できます。

6. ホスト名選択

  • ホスト名を選択して確認できます。

7. ホスト選択

  • 特定のホストを選択して、そのログのみを確認できます。

8. 危険度選択

  • 危険度を選択して確認することができます。

9. 検出されたログの詳細

  • 検出されたログをクリックすると、それぞれのログに含まれている詳細を確認できます。

10. 検出されたログソースの内容

  • [ログ詳細] ボタンをクリックすると、発生した原本の内容を確認できます。

内部ブログ

アプリケーションログアップロード設定(映像) : https://docs.plura.io/ja/faq/common/uploadapp

Last updated