管理

  • グループごとにWebファイアウォールの設定を進めることができます。

  • [グループの追加] ボタンをクリックして、ホスト グループを追加できます。

  • グループごとにWebファイアウォールのお知らせ設定を進めることができます。

    • 接続例外設定により点検中例外処理(IPアドレス登録)が可能です。

  • ウェブファイアウォールのお知らせ設定 > プレビューボタンをクリックして、作成した内容を確認することができます。

  • グループ別にウェブファイアウォール遮断案内設定を進めることができます。

  • 次はブロック案内画面の例です。

  • 運用方式:該当グループのウェブファイアウォールの運用方式を探知/遮断中に設定することが。

  • X-Forwarded-For : 入力/出力を設定できます。

  • Proxy:Proxy設定(ウェブファイアウォールSSL、ホストなど)ができます。

  • [ホスト] を読み込む:管理 > リスト > ホストに登録した情報を取得できます。

  • アクセス制限ONする場合、IPアドレスとGeoIP設定を管理者が直接設定できます。

  • GeoIPの場合、チェックボックスを選択した国でのみアクセス(Whitelist)が可能です。

  • アクセス制限 > IPアドレス > "登録" ボタンをクリックすると、特定のIP接続に対する許可/遮断設定ができます。

  • 制限:トラフィック制限、試行応答認証、スケジュール変更により、Webファイアウォールの制限設定ができます。

  • アカウント奪取フィルターに登録されたホスト/パスがないと設定できません。

  • 管理 > 使用メニューからPLURAウェブファイアウォールの探知/遮断例外を設定できます。

https://docs.plura.io/ja/function/common/management/use

Last updated