フィルター探知

リアルタイムでウェブファイアウォール検出リストを表示するページです。

1. 検出されたログの詳細

  • 検出されたログ リストをクリックすると、それぞれのログに含まれている詳細を確認できます。

  • コード(OWASP)、ステータス値(Status)に関する情報をリンク接続ボタンで確認できます。

2. 検出されたログソースの内容

  • 'ログの詳細' ボタンをクリックすると、発生したソースの内容を確認できます。

3. 全体ログリンク(マウス右ボタン)

  • ログ検出履歴でマウスの右ボタンをクリックすると、時間帯別のログページに移動できます。 [全体ログ(=):検出されたフィルター検出履歴と "同じ時間帯"に全体ログページに移動] [全体ログ(±1s):検出されたフィルター検出履歴「1秒」前後の時間帯に全体ログページに移動] [全体ログ(±5s):検出されたフィルター検出履歴「5秒」前後の時間帯に全体ログページに移動] [全体ログ(±60s):検出されたフィルター検出履歴「60秒」前後の時間帯に全体ログページに移動]

4. 日付整列

  • 作成日を基準に最新順と過去順に並べ替えることができます。

  • デフォルトのソートには、最新の順に最後に作成されたログが表示されます。

5. 1ページで表示されるログライン数

  • 1ページあたりの見えるログの数を設定でき、基本20で100ラインまで選択できます。

6. 日付/時間選択

  • デフォルトは今日の発生ログで、時間設定で特定のログを検索できます。

  • 期間を拡大して、過去 1 週間または 1 か月を選択できます。

7. グループ選択

  • ユーザーが登録したホスト グループを選択して確認できます。

8. オペレーティングシステムの選択

  • 収集されたログをオペレーティング システムベースで分類できます。

9. ホスト選択

  • 特定のホストを選択して、そのログのみを確認できます。

10. ホスト(ドメイン)選択

  • ホスト(ドメイン)ごとに選択して確認できます。

11. 分類選択

  • 分類別に選択して確認することができます。

12. OWASP選択

  • OWASP TOP10に選定された脆弱性別に選択して確認することができます。

13. 危険度選択

  • 危険度を選択して確認することができます。

14. Status選択

  • ステータス別ログを選択して確認することができます。

15. メソッド選択

  • メソッド別に選択して確認できます。

16. タイプ選択

  • タイプ別ログを選択して確認できます。

17. 流出情報の選択

  • 流出情報の有無別にログを選択して確認することができます。

Last updated